Exhibition|展示・企画

2014年11月22日

小沢裕子 個展 「Body Frontier」

141122a.jpg

141122b.jpg

このたびギャラリーバルコでは、アーティスト・小沢裕子の個展「Body Frontier」を開催いたします。
この展覧会は、2015年7月に当ギャラリーにて予定しております小沢裕子展のプレ企画となります。
過去作より彼女の代表作の一つともいえる《サーフィン》を中心に、その世界観の一端をご紹介します。

---------------------

小沢 裕子
「 Body Frontier 」


2014年12月11日(木)〜12月16日(火)[会期中無休]
12:00〜19:00

---------------------


会期中のプログラム:

《エクササイズ2》
2014年12月14日 16:00-17:30 定員9名[ 要事前申込 ]

インストラクターの指示を聞きながら、参加者がお互いの見えない暗室の中でヨガをします。

参加ご希望の方は、お名前とご連絡先を明記の上、前日までにshindo@pesora.org(担当:新藤)までメールにてお申込みください。
なお、申込み多数の場合は先着とさせていただきます。
※プログラムの都合上、途中での入退場はできません。また、時間中は作品鑑賞のみのご入場もできませんので何卒ご了承ください。

出演・協力: momo(ヨガ・インストラクター)

---------------------

“「私」とはなにか”。これは人間にとって普遍的な命題のひとつです。

あるいは、ありふれた平凡な問いであるともいえるでしょう。
例えば、映画や小説において「私」をめぐる物語は数えきれないほどに存在します。誰かと誰かが入れ替わったり、自分が架空の何かになったり...あらゆる「私」を旅することは、人類にとって最も根源的な欲求なのかもしれません。

小沢裕子は、映像や言葉を独自の手法で用いることで「私」をめぐる体験を創造します。
“「私」とはなにか”という、ある意味でありふれた平凡な問いは、小沢の非凡な感性と構成力を通じて、特異な体験へと変容します。

2010年に制作された《サーフィン》は、インターネット上で集めた映像や音声を編集し、作家が恣意的に創作した字幕を付けた映像作品です。この作品はわずか3分弱と短く、きわめてシンプルな構成でありながら、「私」の意識や身体感覚について、本質的な問いを投げかけます。一見たわいのない遊びのような行為から、不可思議な夢を見るような複雑な質感が生み出される本作は、小沢裕子の作家性がもっとも端的に表れた、オベリスクともいえる作品です。小沢の作家性を知る上でも、また、彼女の現在の活動をひも解く上でも、《サーフィン》は重要なポイントとなる作品といえるのではないでしょうか。

近年の作品をみると、映像と音声の文脈的なズレによって重層的な時間や物語性を幻出させる、『sound mind sound body』展(小金井シャトー2F,2014.2)に出品された一連の小作品や、インターネット上に投稿された楽曲動画の対し、役者が演じるPVを制作する《無名の役者たち》(ICC,2014.9)など、小沢は、映像表現ならではの手法を展開させながら、映像を取り巻く社会環境や画面の外側にある文脈的なものへと、その表現の幅を広げています。
また映像作品にとどまらず、演劇的なライブパフォーマンスも制作しており、ある姉妹が「見る/見られる」行為を通じて入れ替わる《同じ星》、暗闇の中で朗読の言葉によって身体に触れる《エクササイズ》(いずれもbranclass,2014.4)をはじめ、役者の身体を使ってアーティストトークをおこなう試み(ICC, 2014.10)など、これまでに培った表現手法を領域を超えて様々な形へと展開しています。

このように振り返ってみると、今年以降の発展は特にめざましく、新たな領域をも築きはじめた作家の活動は、今後より一層の注目と期待を集めることとなりそうです。
この時期にあらためて、《サーフィン》を含めた、過去作品をご紹介できることは貴重な機会であると感じています。来年7月に同ギャラリーにて予定している個展を前に、ぜひとも未見の方はもちろん、既知の方にとってもあらためて小沢裕子の作家性に触れる機会としていただければ幸いです。

なお、会期中に行われる《エクササイズ2》は、前述の《エクササイズ》の発展形となるプログラムです。現役のヨガインストラクターの方にご協力いただき、そのインストラクションに合わせ暗室のなかでのヨガをおこないます。小沢が創作する暗闇のなかでのヨガは、はたしてどのような体験を生み出すのでしょうか。 定員9名限定のプログラムとなりますが、ご興味のある方はぜひご参加ください。

(新藤君平/ギャラリーバルコ アソシエイト・ディレクター)

---------------------

プレスリリース[PDF]: http://bit.ly/1xOTjky
posted by Gallery Barco at 16:57 | 展示・企画